A spiritual morning in Nara〜スピリチュアルな奈良の朝〜

 

親しい友人であり、ジェーン・アイルデールを扱うエステサロンチェーンオーナーの坂元みどりさんのバースデーを、京都でお祝いしました。 彼女は鹿児島から、私は東京から新幹線で現地へ。

鹿児島には私たちの大好きなシャネルがないので、初日はショッピングを楽しみました。

 

2日目はまだ奈良に行ったことがないみどりさんのために奈良観光を計画し、7時に開門する春日大社へ向かい早朝6時に出発。

最後に訪れてから何年も経っている上に、境内もずいぶん変わっていて、初めて来たように感じました。こんな素晴らしい朝を迎えることができるなんて! 日本で最もスピリチュアルなスポットのひとつだと思います。 この日の天気予報は晴れ、気温は18度。午前7時の時点ではまだ境内を歩くにはふさわしい、肌寒さを感じるくらいの爽やかさでした。

 

早朝ということもあり人はほとんどいなかったのですが、小さな神社やスピリチュアルスポットをすべて熟知していらっしゃる、奈良の常連さんらしいお二人がいらして、あとをつくだけで行きたい所に向かうことができました。

 

まず、2匹の金色の龍がいる小さな神社(第14番納札社 金龍神社)。公園を1時間ほど歩いてとてもスピリチュアルな時間を過ごし、気持ちが高まりました。

 

次は、東大寺。開門時間の830分に一番乗りで入場したので観光客に囲まれることなく見ることができました。みどりさんにとっては初めての大仏さま。私にとっては、壮大な大仏さまを見るのは何度目でも素晴らしい体験です。

 

 

鹿で有名な奈良公園には何度も訪れていますが、こんなに早い時間に訪れるのは初めてで、夥しい数の鹿の群れを見ることができました。どのくらい多かったかというと、公園が鹿に占領され、車は鹿が交差点を渡るのを待たなければならなかったほどです。

 

 

 

旅の最後には、私もまだ訪れたことのない宇治と平等院に立ち寄り、中村藤吉本店でお抹茶をいただきました。お抹茶は薄茶と濃茶の2種類の点て方があり、それぞれで異なった魅力があるそうです。私は初めて濃茶をいただきましたが・・・私には薄茶が合っているようです。

 

 

友人のお誕生日を祝うには完璧なプランだったのではないでしょうか。みどりさんもそう思ってくれていたら嬉しいです。

Happy Birthday, Midori san.

 

 

A memorable experience, is worth more than an expensive gift.

思い出に残る体験は、高価な贈りもの以上の価値があります。